〔少女庭国〕/ 矢部 嵩

あらすじ

卒業式に向かう廊下を歩いていルト意識を失い、気づいたらドア2つと貼り紙のある他に何もない部屋に寝かされていた。貼り紙には「ドアを開けた部屋の数 - 死んだ卒業生の数 = 1となるよう人数調整せよ」と記されていた。つまり最後の1人になるまで卒業生の人数を減らさなければならない。部屋にある2つのドアのうち一方は開かず、もう一方は開く。開く方のドアを開けるとそこには面識のない女子生徒が眠っている。ドアは無限に続いており、誰一人として面識のある者はいない。無限に続く女子のみの卒業生たちはどのようにして未来を手にするのか。

感想

読むのは2回目。こういう思考実験的な話は結構好き。石の部屋の中に閉じ込められているのだけど、窓がない室内に閉じ込められたら早々に発狂しそう。

現実のものと捉えるよりも、人間がコンピューターシミュレーション上で精緻な実験をしている様子と思う方が辻褄が合う。実際、文章もレポートのような文体であり、誰かに提出するようなものに思える。

無限に続く1枚岩、扉をトリガーに時間が動き出す卒業生、どこからともなく照り続ける光、必ず子がつく名前。これらはどこかコンピューター的で、自然物を感じない。作り出された3D空間で演算されている、と思うとしっくりくる。

酸素はなぜ供給されているのだろうか。数億年経つと木も生えるものなのだろうか。水はどうやって入手しているのだろうか。疑問は尽きないし人間世界でないと考えた方がやはり自然か。

高度に発展した世代では、覚醒した人間の教育はどうやっているのだろうか?明らかに最初は受け入れ難いものだと思うのだが、どのタイミングで現状が受け入れられるのだろうか。内部で生まれるのであれば、最初からそういう常識であると教育すればいいのだが、目が覚めるパターンだとまずは常識を入れ替えるところから始まるので大変そう。と、思っていたらちゃんと記述があった。「体験による洗脳」とのこと。なるほど。

物語全体にどうしようもない閉塞感があった。これは卒業生の扉は永遠に続くこと、解放された後の描写はないことなどから感じられた。変に脱出後の様子が書かれていないことはとても点数が高い。

10月読んだ本

  • [小説] 吉原手引草
  • [小説] TUGUMI
  • [小説] 潔白
  • [小説] 改良
  • [小説] 芽むしり仔撃ち

吉原手引草 / 松井 今朝子

聞き取り形式の作品。

遊郭の説明を物語中に挟むと長くなるし浮きがちだけどここでは吉原に来たことないから説明してくれ、という体で進むので吉原や遊郭の説明が自然に溶け込んでいる。

聞き取り形式だが、何が起こったかはなかなか明かされない。みんな「ああ、あのことね…」みたいな反応。

本の70%くらいまで「葛城花魁がいなくなった」くらいの情報しか出ない。さすがに物語の進みが遅いと感じる。

潔白 / 青木俊

久しぶりに一気読みした。

死刑が既に執行されているが冤罪を主張する被告側と、再審を阻止する検察・裁判所の戦い。手に汗握る展開でダレることなく最後まで読めた。

改良 / 遠野遥

ヒビの入った鏡の前にいるような内面描写。芥川賞候補作というだけあってクオリティが高い。

美への憧憬と醜い欲望の対比。

美しさは欲求としてしか現れず、実際の人物や物としては出てこない。いつまでも手が届かない。

とにかく醜い。美しさを強く求めているのは自分と周囲が醜いから。

芽むしり仔撃ち / 大江健三郎

asmsuechan.hatenablog.com

漫画

DLSiteでジャンプ漫画60% OFFセールあっていたのでいろいろ買った。結局買ったのは

合計115冊。多い。

他にも新刊をチラホラKindleで買っている。

まとめ

今月のザ・ベストは・・・TUGUMI?潔白?改良?迷う。改良は好きだった。

芽むしり仔撃ち / 大江健三郎

あらすじ

感化院から疎開するも数々の村をタライ回しにされる少年たちの話。最終的にたどり着いた村では疫病が流行っており、村人は少年たちを捨てて隣の村へ避難する。束の間村の主となった少年たちは村人たちの家で暮らしていくことを考える。しかしすぐに村人は帰ってき、好き勝手に振る舞った少年たちを糾弾する。

こういう文学作品ってあらすじにあまり意味を感じない。ストーリーよりも文章そのものにある描写の精緻さや複数の文章から感じ取れる雰囲気が大きい。

あと細かいけど感化院が犯罪行為をした子供を収容する施設であるという前知識は必須のように思われる。最初は宗教団体かと思った。

感想

最初読み始めて感じたのは、少年たちの奇妙な一体感だった。これはかなりの頻度で「僕ら」という単語での描写があるためのように思う。イメージとしては同じ髪型同じ顔、同じ服装の少年たちがほとんど同じ行動をしているようなもの。

南や僕、弟、李、脱走兵などは区別できる個として書かれており、他の少年たちについては全て均一の振る舞いをしているように感じた。いわゆるただのモブなのだが、それ以上に少年たちの集団としての空気感を表すために使われているように思えた。

全体を通して思うのは、この小説は暴力に屈服する話だ、ということ。少年たちは暴力で自然界の生物を捕まえ、脱走兵は兵隊に屈服し、少年たちは村人に屈服する。そして人間は疫病の暴力に抗えない。全員が何かに怯えており、それを和らげるかのように暴力的になっている。また、度々ある暴力的な描写とそれを仕方ないと感じている描写に戦中の血なまぐさい空気を感じる。

内容は暴力的だし全体的にグロテスクな雰囲気が漂っているのだが、生の活力に溢れた作品だった。

9月読んだ本

  • [ノンフィクション] ダークウェブ・アンダーグラウンド
  • [小説] 家族八景
  • [漫画] 海が走るエンドロール
  • [小説] 神様のパズル
  • [小説] 本日は、お日柄もよく
  • [小説] 火のないところに煙は
  • [漫画] 黄泉のツガイ
  • [漫画] メイドインアビス
  • [小説] 星々の舟
  • [小説] 花まんま

ダークウェブ・アンダーグラウンド / 木澤佐登志

asmsuechan.hatenablog.com

家族八景 / 筒井康隆

asmsuechan.hatenablog.com

神様のパズル / 機本伸司

話のテンポがよくない。全然話が進まない。キャラクターの魅力もあまりない。作者が物理に詳しいことだけは分かった。とはいえ登場人物のほとんどが物理に詳しくなくてもよいのでは?いくら物理学科とはいえ。

うーん、イマイチキャラクターが定まってないなあ。主人公に感情移入できない。中学時代とかなら割と楽しく読めたかな。

Amazonのレビューを見ると理系の研究談義にやたらと心惹かれている人が多い模様。自分はそこに刺さらなかったから楽しめなかったかな。ただ、これは作者の力量不足だけど続きの作品は面白い、ってレビューあるから気になる。

本日は、お日柄もよく / 原田マハ

asmsuechan.hatenablog.com

火のないところに煙は / 芦沢央

読み終わったら間違いなく榊桔平でググりたくなる。

ジワジワ怖いジャパニーズホラーって感じで良かった。完成度高い。

星々の舟 / 村山由佳

asmsuechan.hatenablog.com

花まんま / 朱川 湊人

第133回直木賞受賞作。

幸福と不幸を表裏一体のものとしてグロテスクに描いている。水彩で描いたホラーみたいな小説。

喪失を話の骨子にしている。描写も物語もよく面白かった。

感想

やっとメイドインアビスを読んだ。黄金郷の描写長くない?海が走るエンドロールは「始めるならいつからでも遅くない」という気持ちにさせてくれるいい漫画。1巻はとてもよかったけど2巻以降は1巻ほどのよさはなかった。

神様のパズルは辛そうに読んでるのが分かる感じのメモが残ってて少し笑った。

今月のザ・ベストはやはり家族八景。今月どころじゃなくて10年前に読んだ時も面白かったけど。

星々の舟 / 村山由佳

2003年、第129回直木賞

感想

歪んでバラバラになった家族を線で繋いでいくような話。星々の舟の星はそれぞれの家族を表し、舟は船に乗ってゆっくりと家族の間を渡っていく様子を表しているのだと思う。

近親相姦、母の死、父の記憶、不倫、劣等感、などを家族のそれぞれのメンバーにフォーカスしながら扱っているため全体的に重苦しい話だが読後感は悪くなかった。家族のわだかまりをほぐしていくように物語が進んでいっておりうまくまとまっている。

現代の話だけじゃなくて戦中の話しも書かれている。意欲的な作品。面白かった。

本日は、お日柄もよく / 原田マハ

まとめ

主人公二ノ宮こと葉が偶然知り合ったスピーチライターの久遠久美に見初められて駆け出しスピーチライターになる話。

感想

あたかも鳥の雛のように、チャンスという餌が与えられるのを口を開けてただ待っているだけの主人公に偶然餌を投げ込む親鳥が現れたような物語。主人公は強い夢や好きなことがあるわけでも努力をしているわけでもないが、なぜか成果を出していく。偶然強者に見初められて自分も成功した、というシンデレラストーリーに近い。もちろん努力シーンなどはほとんどない。このような"努力嫌い"な表現は異世界転生系を例として、最近のブームであるという印象がある。努力は最小限でお手軽に結果だけを得て成功する物語が読みたいという世間のニーズを感じる。

また、一貫して主人公は自分の選択がなく、ただ流されているだけである。自分で未来を切り開いているような話では決してない。恐らくこの主人公の感覚は一般的な人間の感覚に近いものであると感じている。ストイックな努力をする人、好きなものがある人、なんて実際ほとんどいない。原田マハはきっとそれを分かって大多数の読者に"夢を見せようと"いう意図でこの話を書いたのでは?と思う。特にスピーチライターという"なんかかっこいい"専門職への憧れなんかもあってよくハマっているのではないか。

努力も好きもなく都合のいい成功だけを欲しがる一般人に向けた本。正直あまり好きではない。努力と選択と失敗は成功するには必須なのに、これら全部が省かれてインスタントに成果を得る物語なため。

家族八景 / 筒井康隆

あらすじ

人の心を読める、つまりテレパスである火田七瀬(19歳)が人の心を読めることは隠してお手伝いさんとしていろんな家庭を点々とする話。登場する家族は全て歪んでおり、不和を抱えている。

登場人物はほとんどが醜悪な欲にまみれて生きており、七瀬がその思考を読み取り観察するさまがモノローグで描かれている。観察はとても筋道だっており、テレパスという特性上これまでに人間の内面にフォーカスしてきているため、人間の描写に関してとても解像度が高い。この描写力の高さはさすが筒井康隆

感想など

色褪せない作品。人生でもトップクラスに好きかもしれない。発行されたのが昭和50年らしいのでもう50年も経っているのか。

この作品は10年前、つまり高校時代にも何度か読んでいるのだが感想は当時とあまり変わらず「人間の内面描写が上手い」「文章が読みやすい」など。この10年いろんな経験したはずだけど変わらない読み方で読んだように思う。もしかすると私の読解力はもう10年ほど変化していないのかもしれない。むしろ劣化した可能性はある。

高校時代に読んだ時は確かマザコン息子の話がなぜかやたらと頭に残っていたように記憶している。ラストに人を生きたまま火葬してしまうというショッキングさがイメージとして焼き付いたのかもしれない。

人が死ぬ瞬間を七瀬が感じ取っている瞬間が印象に残る。

高校時代に三部作を全部読んだんだけど、時間の経過も意識されているしラストも好きな終わり方だったので本当に名作。やはりこういう小説はスラスラ読めてしまう。